カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

革の表情は千差万様です。対面販売ではない為

ご購入を検討されている方は、必ず下記チェックBOX内の記事をご覧下さい。

★ ライダースジャケットの通販をご希望の方は、下記【通販】をご覧下さい。★  
 
                      



※ 営業日変更のお知らせ。

奥多摩店にてご試着や製品をお手に取ってご覧になりたいお客様は
お手数ですが事前にご予約下さい。

ご予約先:070-5557-7617 (10:00〜17:00)

※ホームページからのご注文は随時受付けております。



ポリスマンジャケットの製作工程



新装開店に向け、ポリスマンジャケットのサイズサンプルを製作しているので、ジャケットの製作工程を簡単にご紹介したいと思います。





まずは裁断から始まります。判り難いですが、手前が牛の背通り側(奥側が腹)なので、身頃等の重要パーツを背通りで裁断して行きます。





R0011922.jpg ポリスマンジャケット1着分のパーツ群。今回は黒×白の2トーンで製作します。
白パーツは裏襟・アクションプリーツ奥・ポケット玉縁・脇マチ・袖口マチ・内ポケ玉縁。この位の2トーンがオススメです。





R0011924.jpg ジャケットは1.5ミリ厚の革で製作しているので、何枚も重なる部分に、漉き(スキ)を入れます。
漉きを入れないと製作上、厚過ぎて縫えなかったり、着用した際、ゴワゴワして不快な着心地になるのを防ぐ為です。





R0011925.jpg 漉く幅や厚は部位により異なります。





R0011928.jpg 革のパーツが出来上がりました。衿・前身頃左右・後身頃・袖左右。





R0011930.jpg そして、裏地の各パーツも完成。
裁断からここまで1日の作業です。





R0911931.jpg 写真を撮り忘れましたが、革の袖に裏地の袖を縫い付け、袖と革の身頃を縫い合わせ、裏地の身頃を革の身頃と縫い合わせたモノがコレです。
ここまでが、結構大変で半日仕事です。





R0011932.jpg その後、ひっくり返して叩きます。実はミシンで縫う作業より、叩いている時間の方が長いと思います。
アメリカ等ではレザージャケットビルダーと言われるそうですが、叩く作業が多い所が所以なのでしょうか?





R0011933.jpg 最後にZIPを合わせ、ステッチをして完成です。
最後のステッチで失敗すると、かなり凹みます。かなり.....





R0011936.jpg せっかくのサンプルなので、背面PAD仕様にしてみました。
黒革にベージュステッチが、最近気に入っています。


大雑把ではありますが、大体こんな感じで製作しております。


ページトップへ