カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

革の表情は千差万様です。対面販売ではない為

ご購入を検討されている方は、必ず下記チェックBOX内の記事をご覧下さい。

★ ライダースジャケットの通販をご希望の方は、下記【通販】をご覧下さい。★  
 
                      



※ 営業日変更のお知らせ。

奥多摩店にてご試着や製品をお手に取ってご覧になりたいお客様は
お手数ですが事前にご予約下さい。

ご予約先:070-5557-7617 (10:00〜17:00)

※ホームページからのご注文は随時受付けております。



袖丈の合わせ方

最近、ジャケット通販のお問い合せを多く頂きます。
 店舗にてご試着頂くのがベストな方法ですが、遠方の方もいらっしゃるので試着の際の注意点をご説明致します。

 着丈や身幅はライディング時や着用時を想定したインナーを着た後、ご試着頂ければキツいやユルい、また長いや短い等はご本人が一番解ると思います。
新品の試着で難しいのは袖丈だと思うので簡単にご説明致します。 

袖口のZIPを開けた状態で自然に手を下ろした時、画像の位置(中手骨)の長さに合わせるのが良いと思います。




  R0012782.jpg前途の位置に合わせ、袖口ZIPを締めた状態。
 バイクに乗る方はこの当たりに合わせた方が、特に冬場は良いと思います。 
主観ですが手首でキッチリ袖口が閉まっているライダースは色気が有ると思います。




  R0012790.jpg何故気持ち長めの方が良いかと言うと、着用するほど肘の内側にシワが入り(渋鞣しの革は太めのシワが入ります)その分長さを盗られ短くなります。
但し、肘の外側は逆に伸びるので相殺される感じですが、着込む程、雨に濡れたりした影響で、多少短くなります。(革の個体差もあります。) 

バイクに乗らない方は、上記より1〜1.5センチ程、袖丈を短めで製作した方が、着易いジャケットになると思います。ご参考になれば幸いです。    





コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100023712&eid=51

ページトップへ